DHCオンラインショップ

美肌のためのたべものカテゴリの記事一覧

シミに効くたべもの

シミに効くたべもの


ストレスからでるシミ

 ストレスで肝機能が弱まったり、ホルモン分泌が少なくなると、頬骨から頬の中心にかけてと、額のあたりにシミができやすくなるそうですので、まず心身を休めてください。
 そして、抗ストレス作用のあるビタミンCを含む、キウイやトマトなどを食べるとよいそうです。



ホルモンバランスの乱れからでるシミ

 女性ホルモンの働きが衰えると、眉の上あたりにシミが出やすくなるといわれるそうです。
 目のまわりの黒ずみは、子宮系の弱まりによることもあるとか。

 たべものは、ホルモンバランスを整えるナッツ類や、女性ホルモンに似た成分、イソフラボンを含む豆腐や納豆がおすすめ。



内臓のトラブルからでるシミ

 肝機能が弱まると眉間(みけん)のあたりに、また頬の外側は、腎機能が弱っているときにシミが出やすい場所だそうです。

 肝臓を強化するなら、タウリンを含むいかやたこを積極的に摂取してください。

 体調がすぐれなければ、お医者さまに相談をする方がよいでしょう。

 なお、鼻筋のシミは宿便を疑ってみてください。



自律神経の乱れからでるシミ

 ロのまわりのシミは、自律神経の乱れによることが多いといわれます。

 ビタミンB12を含むあさりやしじみ、さんま、牡蠣(かき)などは乱れたバイオリズムを回復させるのにおすすめです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。