DHCオンラインショップ

血色のよい肌とは?

血色のよい肌とは?



くすみのない透明感のある薔薇色の肌のことです。


・皮膚がやわらかくてノリがある
・全体的にしっとりとしている
・透明感がある
・新陳代謝が活発である
・はつらつとした印象を与える


 血色のよい肌は、メイクが映えるのはもちろん、あなたを健康的で若々しく見せますね。
 古くなった角質がいつまでも居座って皮膚が肥厚したり、紫外線による日焼けや乾燥、またストレス、睡眠不足、偏食などでも肌は透明感を失い、血色が悪くなるそうです。

 生活面ではストレスを溜めないことや、ビタミンCを意識した食事がおすすめですが、スキンケアでいえば紫外線や冷暖房から肌を護る日中用クリームをつけたり、週に1〜2回の角質ケア、美容液による真皮の活性化などが効果的だそうです。
 血色の悪い人は、タバコやお酒はおすすめできません。美容と健康のためにほどほどにしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。