DHCオンラインショップ

秋のスキンケアメニュー

●秋のスキンケアメニュー


■朝のスキンケア


●洗顔

 ターンオーバーが乱れた肌には、余分な角質もたまりがちです。正しい洗顔でしっかり汚れを落としましょう。ただし、残暑の時期を遇ぎると、汗とともに皮脂の分泌も少なくなり、肌が乾燥しやすくなるので、脂分を落としすぎないように、やさしく洗顔することが大切です。


●化粧水

 同じ秋でも、9月と11月では気温も湿度も違います。ノーマル肌用化粧水が基本ですが、気になる部分によって、保湿を加えたり、さっぱりさせたりすると、より効果的です。


●美容液

 紫外線は10月まで強いので、シミ予防も怠りなくしましょう。美白成分の入った
美容液が、秋の肌にも効果的です。肌への浸透力が高いビタミンC誘導体が配合されたものは、この時期にも大活躍します。最近は、ハイドロキノン配合の美白美容液も充実しています。


●乳液

 肌が敏感で乾燥傾向にある人は、そろそろ冬を意識して、カサついた部分に乳液をフラスして。オイリー傾向の人は、無理につける必要はありません。シワ・たるみ予防にはレチノール入りが効果的です。



■夜のスキンケア


●クレンジング

 秋の肌はとても疲れた状態です。メイクは帰宅後、できるだけ早く落とします。メイクのなじみがよく、肌に負担をかけない乳液タイプのクレンジング剤がおすすめです。目元、口元はクレンジング剤をコットンに取って使ってもよいです。


●洗顔

 洗顔前に蒸しタオルパック、またはスチームパックで毛穴を広げて汚れが落ちやすい状態にします。十分に石けんを泡立て、泡でやさしく包み込むように洗顔します。すすぎ残しがないように注意します。メイクをしなかった日も、日焼け止め剤を使った場合はダブル洗顔をしましょう。


●化粧水

 化粧水はたっぷり、しっかり浸透させます。皮脂の分泌が減り、乾燥が気になる時期になったら、より保湿力の高い化粧水に切り替えてもよいでしょう。ヒアルロン酸配合のものがもっとも効果的です。目元など乾燥しやすい部分には、化粧水パックを取り入れて冬に備えましょう。


●美容液

 シミ予防に効果のあるビタミンC誘導体やハイドロキノン配合の美白美容液を使い、顔全体になじませます。シワやたるみが気になるときは、レチノール配合のものがおすすめです。美容液をつけるときに30秒マッサージを行うと、より成分が浸透し、効果が期待できます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。