DHCオンラインショップ

秋のスキンケアのポイント

●秋のスキンケアのポイント


 初秋は夏の日差しによるタメージ改善が大切です。肌状態の乱れを正常な状態に戻して、晩秋は冬に備えたお手入れをするのがポイントです。

 一年中で、比較的遇ごしやすい季節といわれている秋ですが、エアコンの影警を受け、夏の紫外線を浴び続けた肌は疲れていて、ターンオーバーも乱れがちです。この時期のケアを怠ると、紫外線によるダメージがシミやシワとなってあらわれるなど、トラブルが起こってきます。シミができてからのケアは治療しかないので、しっかり予防しておくことが大切です。

 さらに、気温の低下にともなって、汗や皮脂の分泌量も少なくなり、肌はうるおいを失いやすくなっていきます。秋の空気は乾き、風も強くなるため、あるとき突然、肌のかさつきなどの不調に気づいてとまどうことが多いものです。乾燥が気になる冬本番に備えて、水分をたっぷり補給し、うるおいのあるしっとりとした肌のベースをつくっておきましょう。


蒸しタオルでくすみを解消しましょう

 夏のタメージで疲れた肌をよみがえらせるには、洗顔、化粧水、美容液後に行う蒸しタオルパックが最適です。お湯で温めたタオルの蒸気が血行を促し、新陳代謝を活発にしてくれます。


化粧水パックで肌荒れを解消しましょう

 エアコンで「かくれ乾燥」を起こした人は、化粧水パックでダメージ部分に水分を補給します。化粧水は、保湿効果と浸透力強化が期待できるヒアルロン酸配合のものがおすすめです。


美白美容液でメラニン生成をブロックしましょう

 日焼けをした人もしなかった人も、シミ・シワ予防のために、美白美容液を日常的に使いたいもの。メラニン色素の抑制と還元効果があるビタミンC誘導体入りの美容液がベストです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。