DHCオンラインショップ

クレンジングオイルについて

クレンジングオイルについて


 クレンジングオイルについて、佐伯チズさんは反対していますね。

 化粧品という油汚れを落とすのがクレンジングオイルですが、そのクレンジングオイルには通常より多い界面活性剤が使われているそうです。

 この界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせるための製剤です。その使用量というのは台所用の合成洗剤とほぼ同じだという方もいるとか。

 つまり、あなたが化粧を落とすために、台所にある合成洗剤を、あなたのだいじな顔に塗りつけるというイメージです。

 どうですか? 気持ち悪くないですか?

 台所用洗剤で手を荒らしたりすることはないですか?

 界面活性剤は、たんぱく質を破壊して皮膚をボロボロにする性質を備えているというひともいるそうです。そして安いクレンジングオイルは、肌への刺激も強い安価な製剤を使っている可能性がないともいえません。

 クレンジングオイルを数年前にやめたひとでも、額のぶつぶつや、赤い頬、開いた毛穴などにいまだに悩んでいる女性もいるそうです。

 こういう話を聞いたら、できるだけ、クレンジングオイルは使用しない方がよいのではないかと思います。

 どうしてもクレンジングオイルを使わないといけないなら、少量の水でオイルを十分に乳化させてから使った方が良いそうです。ダメージが少しは食い止められるそうです。

 でも、そのときに使うクレンジングオイルは決して安いものは使用しない方がよいと思います。結局は高い買い物になりますね。あなたの美肌を守るためには、どうしたらよいか、思案のしどころですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。