DHCオンラインショップ

ウォーターマッサージの方法

●ウォーターマッサージの方法

 肌の深部を活性化させるためだそうです。

 筋肉の流れに沿って顔に水を注ぎます。お肌の奥からパワーが甦り、肌のキメが整い、メイクのノリもよくなるそうです。

 肌表面が水分を含むので透明感がでてハリや弾力性も戻ります。水分と油分のバランスがとれるので脂浮きが気になる方にもおすすめということです。
 

ウォーターマッサージの方法

 ホームセンターや100均で売ってるような、鶴首スポイドが先についた容器(スプレー容器)に水をいれます。

 この容器がないときは、霧吹き状のスプレー容器でもよいそうです。要はあまりお金をかけずにキレイになることです。その霧吹き状のスプレーはノズルを調整して水が1本でお肌にあたるようにします。


 そしてそれを額から水をかけます。筋肉をひきしめる効果があるそうです。

 額→右目→右頬→口のまわり→左頬→左目→鼻筋

の順に。

 水は下から上にかけるのがポイントだそうです。

 これを容器1本分の水がなくなるまでくりかえすそうです。
 でも、ひとりだと水がたれたりしてやりにくいので、風呂場でやるといいとか。半身浴をしながら。


 このウォーターマッサージは、筋肉の流れに沿ってお肌を奥から活性化させるためだそうです。すると、潤い倍増、毛穴も改善とのことです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。